コピーライティングを届けるターゲットを決める

では、ターゲットを決めていきます。

それは次の順で考えていきます。

誰が買ってくれるのか?

タイプは3つ

①3人のターゲットタイプを知る

タイプA その商品が欲しい!めっちゃ興味を持っている

  1. ブランドの強さがある(多くの人が認知している)
  2. 顧客との強い信頼性がある(友達やSNSのフォロワーなど)
  3. 超強力な魅力的な取引条件がある

タイプB その商品を少し知っているけど、まだ欲しくない

  1. 「他商品との圧倒的な違い」キーポイントがある
  2. 「他商品よりも良い取引条件」がある

タイプC ベネフィットに興味はあるけど、その商品を知らない

  1. 他商品との圧倒的な違いが無いまたは劣っている
  2. 他商品よりも取引条件が劣る
  3. 説明しにくい商品(新しい商品)

①になるほどターゲットはダウンするが、欲求は強くなります。

②どのタイプが一番買うかを事前に判断

A,B,Cで狙うべきターゲットタイプを決めます。

③ペルソナ(顧客としてふさわしい人)を作る

名前、年齢、性別、居住地、職業、役職、年収、貯蓄額、趣味、興味関心、悩み、欲求、家族構成、交友や交際などの人間関係、生活パターン、価値観、性格、口癖など

全部決める必要はありません。

また必要な項目があれば追加してください。

次は名前を付けてください。

そうすると顔や声がイメージしやすくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)